悲しみのミルクが受賞した金熊賞ってどんな賞?

悲しみのミルクという映画が受賞した「金熊賞」について詳しく知っていますでしょうか?

金熊賞「十二人の怒れる男」

 金熊賞を受賞した作人の中でかなり有名な作品には『十二人の怒れる男』(12 Angry Men)があります。これは元々アメリカのテレビドラマとして放映されていたものなのですが、1954年当時に製作されていたものを1957年にアメリカ映画としてリメイクされたのです。原作はレジナルド・ローズが書いているもので、元々は舞台作品を目的として書かれていたものらしいです。作品としては「法廷もの」としてジャンル分類されるサスペンスドラマなのですが、脚本が素晴らしく、密室劇の中の金字塔としても名高い評価を博しています。また、全体的な絵面としては、殆どの出来事がたった一つの部屋を中心に描かれているため、「物語は脚本が面白ければ場所などは関係ない」という説を体現するような作品となっており、時折その説の信奉者から引き合いに出されることが多いです。また日本では陪審員精度の長所と問題点を説明する際に良く引き合いに出されます。この物語が出来た原因となる出来事は脚本家であるレジナルド・ローズが実際に殺人事件の陪審員を務めたことをほったんとしています。それをきっかけとして一ヶ月で構想執筆に取り掛かったと言いますから、まさに天才的な脚本家だと言えるでしょう。

あらすじ

 父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員が評決に達するまで一室で議論する様子を描いたストーリー。法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に絶対的に不利なものばかりで、陪審員の殆どは少年の有罪を確信していました。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ただ一人、陪審員8番だけが少年の無罪を主張します。彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を一つ一つ再検証することを要求します。陪審員8番の熱意と理路整然とした推理によって、当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々変化が訪れてくるというストーリーです。

金熊賞作品を見たい!

登場人物

  • 陪審員1番
  • 陪審員長で陪審員全体の取り仕切りを行います。中学校の体育教師でフットボールのコーチ。
  • 陪審員2番
  • 臆病な銀行員。
  • 陪審員3番
  • 高圧的なメッセンジャー企業経営者。5年前に喧嘩をした息子との確執があります。
  • 陪審員4番
  • 株式仲介人。冷静沈着な性格。
  • 陪審員5番
  • 工場労働者。スラム育ち。
  • 陪審員6番
  • 塗装工の労働者。義理、人情に篤い。
  • 陪審員7番
  • めんどくさがり屋なセールスマン。ヤンキースの試合を観戦予定で、時間ばかり気にしています。
  • 陪審員8番
  • 建築士。裁判自体に疑念を抱く。
  • 陪審員9番
  • 80前後の老人。人情深く洞察力が鋭い。
  • 陪審員10番
  • 居丈高な自動車修理工経営者。差別意識が強い。
  • 陪審員11番
  • ユダヤ移民の時計職人。聡明な性格。
  • 陪審員12番
  • 広告代理店宣伝マン。軽薄な性格。言動に左右されやすく自分の意見がありません。

キャスト

  • 陪審員1番 マーティン・バルサム 峰恵研 小林修
  • 陪審員2番 ジョン・フィードラー 矢田稔 辻村真人
  • 陪審員3番 リー・J・コッブ 宮川洋一 富田耕生
  • 陪審員4番 E・G・マーシャル 鈴木瑞穂 穂積隆信
  • 陪審員5番 ジャック・クラグマン 阪脩 中村正
  • 陪審員6番 エドワード・ビンズ 山内雅人 宮川洋一
  • 陪審員7番 ジャック・ウォーデン 青野武 大塚周夫
  • 陪審員8番 ヘンリー・フォンダ 内田稔 小山田宗徳
  • 陪審員9番 ジョセフ・スィーニー 浮田左武郎
  • 陪審員10番 エド・ベグリー 金井大 池田忠夫
  • 陪審員11番 ジョージ・ヴォスコヴェック 大久保正信 小沢重雄
  • 陪審員12番 ロバート・ウェッバー 仲木隆司 金内吉男
  • 裁判官 ルディ・ボンド 藤本譲 竹内文平
  • 守衛 ジェームズ・ケリー 和田啓 大山豊
  • 係官 ビリー・ネルソン 幹本雄之 岡部政明
  • 翻訳:平田勝茂、演出:蕨南勝之
  • 翻訳:木原たけし、演出:内池望博、調整:前田仁信

 テレビドラマの反響を受けて、映画版が製作され、1957年4月13日に公開されました。テレビドラマ版の原作者レジナルド・ローズが映画版でも脚本を担当しました。ただしこれは、テレビドラマ版でカットされた部分が追加されたものであります。主演をつとめたヘンリー・フォンダは、テレビドラマ版を見て感銘を受けたことから、プロデュースも兼任しました。なお、ジョセフ・スィーニーとジョージ・ヴォスコヴェックは、テレビドラマ版に引き続いて同じ役で出演しています。本作品が映画監督デビューとなったシドニー・ルメットは、1957年度の第7回ベルリン国際映画祭金熊賞と国際カトリック映画事務局賞を受賞しました。同年度のアカデミー賞で作品賞を含む3部門にノミネートされたが、『戦場にかける橋』に敗れ、受賞には至りませんでした。制作費は約35万ドルという超低予算、撮影日数はわずか2週間ほどの短期間で製作されました。

おすすめの映画

神戸市リフォーム リフォーム101はまず3Dパース図でお客様の希望に沿ったレイアウトを提案いたします。パースのご提案は無料ですのでリフォームをご検討中でしたらぜひお声掛けください!
お腹まわり・肌荒れ・寝覚めが悪い・風邪が治りにくいなどの症状をお持ちの方、梅黒酢サプリ 効果で翌日はベッドから飛び起きます! 驚く効果を実感できる、サプリメントをお求めでしたらほーむぺーじからご注文下さい!

主な受賞歴

  • アカデミー賞:ノミネート
  • アカデミー作品賞:ヘンリー・フォンダ、レジナルド・ローズ
  • アカデミー監督賞:シドニー・ルメット
  • アカデミー脚色賞:レジナルド・ローズ
  • ゴールデングローブ賞:ノミネート
  • 作品賞《ドラマ部門》
  • 監督賞:シドニー・ルメット
  • 主演男優賞《ドラマ部門》:ヘンリー・フォンダ
  • 助演男優賞:リー・J・コッブ
  • ベルリン国際映画祭:受賞
  • 金熊賞
  • 国際カトリック映画事務局賞

この作品の魅力

 いわゆる逆転裁判のような法廷ものドラマなのですが、陪審員の人たちが皆やる気がなくて「有罪、有罪、これだけ証拠があるんだから有罪に違いない」といった状況から、一人の陪審員の働きかけによって「徐々にその証拠の疑わしさ」などが証明されていくという展開になっています。この一つ一つの証明が本当に良く出来ていることは勿論なのですが、それ以上に、大衆の物事に対する無関心さや陪審員制度の恐ろしさという物を垣間見たと同時に、実際に容疑者が本当に犯行を行ったのか、それとも行わなかったのかについて最後の最後になっても全く明かされないという点も、非常に興味をそそる部分だったと記憶しております。