悲しみのミルクが受賞した金熊賞ってどんな賞?

悲しみのミルクという映画が受賞した「金熊賞」について詳しく知っていますでしょうか?

金熊賞とは

 金熊賞とはベルリン国際映画祭におけるコンペション部門の最優秀賞に与えられる賞です。金の熊さんのトロフィーが与えられることから、金熊賞と呼ばれているのですが、映画の賞の中では最も名誉ある賞の一つとされています。(オスカー賞などと並んで日本では有名な賞です》基本的に、複数回同じ監督が受賞する事は中々ないのですが、アン・リーという監督のみ複数回受賞を経験しています。リーは、1993年の『ウェディング・バンケット』と、1996年の『いつか晴れた日に』で二回金熊賞を受賞しています。

金熊賞作品を見たい!

お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。埼玉 造園 うさぎの庭ではまずは打ち合わせに伺い、お客様のご要望を伺った上で、プラン・お見積書を提出させていただきます。

過去の受賞作

1950年代

  • 1951年 Beaver Valley ジェームズ・アルガー アメリカ合衆国
  • シンデレラCinderella ウィルフレッド・ジャクソン ハミルトン・ラスク クライド・ジェロニミ アメリカ合衆国
  • 裁きは終りぬJustice est faite アンドレ・カイヤット フランス
  • Sans laisser d'adresse ジャン=ポール・ル・シャノワ フランス
  • ジープの四人 Die Vier im Jeep レオポルド・リントベルク スイス
  • 1952年 春の悶えHon dansade en sommar アルネ・マットソン スウェーデン
  • 1953年 恐怖の報酬Le Salaire de la peur アンリ=ジョルジュ・クルーゾー フランス イタリア
  • 1954年 ホブスンの婿選びHobson's Choice デヴィッド・リーン イギリス
  • 1955年 Die Ratten ロバート・シオドマク 西ドイツ
  • 1956年 舞踏への招待Invitation to the Dance ジーン・ケリー アメリカ合衆国
  • 1957年 十二人の怒れる男12 Angry Men シドニー・ルメット アメリカ合衆国
  • 1958年 野いちごSmultronstället イングマール・ベルイマン スウェーデン
  • 1959年 いとこ同志Les Cousins クロード・シャブロル フランス

1960年代

  • 1960年 ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯 El Lazarillo de Tormes チェザーレ・アルダヴィン スペイン
  • 1961年 夜 La Notte ミケランジェロ・アントニオーニ イタリア フランス
  • 1962年 或る種の愛情 A Kind of Loving ジョン・シュレシンジャー イギリス
  • 1963年 Il diavolo ジャン・ルイジ・ポリドロ イタリア
  • 武士道残酷物語 今井正 日本
  • 1964年 野性のもだえ
  • Susuz Yaz イスマイル・メチン トルコ
  • 1965年 アルファヴィルAlphaville, une étrange aventure de Lemmy Caution ジャン=リュック・ゴダール フランス イタリア
  • 1966年 袋小路Cul-de-sac ロマン・ポランスキー イギリス
  • 1967年 出発Le départ イエジー・スコリモフスキー ベルギー
  • 1968年 Ole dole doff(Who Saw Him Die?) ヤン・トロエル スウェーデン
  • 1969年 最初の仕事Rani radovi ジェリミール・ジルニク ユーゴスラビア

1970年代

  • 1970年 なし
  • 1971年 悲しみの青春Il giardino dei Finzi-Contini ヴィットリオ・デ・シーカ イタリア
  • 1972年 カンタベリー物語I racconti di Canterbury ピエル・パオロ・パゾリーニ イタリア フランス
  • 1973年 遠い雷鳴 サタジット・レイ インド
  • 1974年 グラヴィッツおやじの年季奉公The Apprenticeship of Duddy Kravitz テッド・コッチェフ カナダ
  • 1975年 Adoption Örökbefogadás マールタ・メーサーロス ハンガリー
  • 1976年 ビッグ・アメリカンBuffalo Bill and the Indians, or Sitting Bull's History Lesson ロバート・アルトマン アメリカ合衆国
  • 1977年 処刑の丘Восхождение ラリーサ・シェピチコ ソビエト連邦
  • 1978年 Ascensor トマス・ムノス スペイン
  • Las truchas ホセ・ルイス・ガルシア・サンチェス スペイン
  • What Max Said Las palabras de Max エミリオ・マルティネス・ラザロ スペイン
  • 1979年 David ペーター・リリエンタール 西ドイツ

1980年代

  • 1980年 Heartland リチャード・ピアース アメリカ合衆国
  • Palermo or Wolfsburg Palermo oder Wolfsburg ヴェルナー・シュレーター 西ドイツ
  • 1981年 急げ、急げ Deprisa, deprisa カルロス・サウラ スペイン
  • 1982年 ベロニカ・フォスのあこがれDie Sehnsucht der Veronika Voss ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 西ドイツ
  • 1983年 Ascendancy エドワード・ベネット イギリス
  • La colmena マリオ・カムス スペイン
  • 1984年 ラヴ・ストリームス Love Streams ジョン・カサヴェテス アメリカ合衆国
  • 1985年 Die Frau und der Fremde ライナー・ジモン 東 東ドイツ
  • ウェザビー Wetherby デヴィッド・ヘアー イギリス
  • 1986年 Stammheim ラインハルト・ハウフ 西ドイツ
  • 1987年 Тема グレブ・パンフィーロフ ソビエト連邦
  • 1988年 紅いコーリャン 红高粱 チャン・イーモウ 中国
  • 1989年 レインマンRain Man バリー・レヴィンソン アメリカ合衆国

1990年代

  • 1990年 ミュージックボックス Music Box コスタ=ガヴラス アメリカ合衆国
  • つながれたヒバリ Skřivánci na niti イジー・メンツェル チェコスロバキア
  • 1991年 La casa del sorriso マルコ・フェレーリ イタリア
  • 1992年 わが街 Grand Canyon ローレンス・カスダン アメリカ合衆国
  • 1993年 香魂女 湖に生きる 香魂女 シェ・フェイ 中国
  • ウェディング・バンケット 喜宴 アン・リー 台湾
  • 1994年 父の祈りを In the Name of the Father ジム・シェリダン アイルランド
  • 1995年 ひとりぼっちの狩人たち L'Appât ベルトラン・タヴェルニエ フランス
  • 1996年 いつか晴れた日に Sense and Sensibility アン・リー アメリカ合衆国
  • 1997年 ラリー・フリント The People vs. Larry Flynt ミロシュ・フォアマン アメリカ合衆国
  • 1998年 セントラル・ステーション Central do Brasil ヴァルテル・サレス ブラジル
  • 1999年 シン・レッド・ライン The Thin Red Line テレンス・マリック アメリカ合衆国

2000年代

  • 2000年 マグノリア Magnolia ポール・トーマス・アンダーソン アメリカ合衆国
  • 2001年 インティマシー/親密 Intimacy パトリス・シェロー フランス スペイン
  • 2002年 千と千尋の神隠し 宮崎駿 日本
  • ブラディ・サンデーBloody Sunday ポール・グリーングラス アイルランド
  • 2003年 イン・ディス・ワールド In This World マイケル・ウィンターボトム イギリス
  • 2004年 愛より強く Gegen die Wand ファティ・アーキン ドイツ トルコ
  • 2005年 U-Carmen eKhayelitsha マーク・ドーンフォードメイ 南アフリカ共和国
  • 2006年 サラエボの花 Grbavica ヤスミラ・ジュバニッチ ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • 2007年 トゥヤーの結婚 图雅的婚事 ワン・チュアンアン 中国
  • 2008年 エリート・スクワッド Tropa de Elite ジョゼ・パジーリャ ブラジル
  • 2009年 悲しみのミルク La Teta Asustada クラウディア・リョサ ペルー

2010年代

  • 2010年 蜂蜜 Bal セミフ・カプランオール ドイツ
  • 2011年 別離 アスガル・ファルハーディー イラン
  • 2012年 塀の中のジュリアス・シーザー Cesare deve morire パオロ・タヴィアーニ
  • ヴィットリオ・タヴィアーニ イタリア
  • 2013年 私の、息子 Poziţia Copilului カリン・ピーター・ネッツァー ルーマニア
  • 2014年 薄氷の殺人 白日焰火 ディアオ・イーナン 中国

おすすめの映画

受賞の傾向

 やはりどの作品も殆どが社会派のヒューマン系が選ばれていますね。一部、千と千尋の神隠しなどといったアニメなども選ばれていますが、基本的には実写の作品ばかりになっています。(一応過去にはシンデレラが受賞している》

 意外にも日本の受賞作品が少なく、最近は中国の受賞が非常に増えているといった傾向があります。これは、最近になって中国がこうした創作メディアに関して力を入れ始めていることの証左なのかと思いました。元々、日本人と同じく独特の映画をとる監督が多い中国ですが、これからももっと良い作品を作ってくれるとありがたいなと思いました。日本もこれに関しては見習って成長していかなくてはならないとも思いました。さて、そんな名作揃いの金熊賞作品についてもっと詳しく見て行きましょう。